紫外線とニキビの関係

 

紫外線と言うと日焼けというイメージがあります。ですので夏場は特に紫外線に当たらないように、服から露出する部分をケアしておかなければなりません。しかし紫外線は日焼けだけを起こすのではありません。意外にもニキビにも大きく関係しているのです。まずニキビはアクネ菌が繁殖することで発生します。このアクネ菌にはポルフィリンというものが含まれており、ポルフィリンに紫外線があたることで肌に刺激を与えてしまいます。つまりニキビが出来やすい肌の状態になるということ。ですので紫外線が厳しい時期は、顔もしっかりと紫外線対策をすることが大事なのです。顔の紫外線対策は化粧品で出来ます。今のファンデーションや下地には日焼け止めの成分が含まれているので、それをしっかりと塗っておけばいいのです。ただ肌への負担もそれなりに大きいので、帰宅後はすぐにメイクを落とすこと。間違っても化粧をしたまま寝る事のないように注意してください。メイクを落としたら洗顔で汚れをしっかりと落とし、洗顔後は化粧水などでたっぷり潤いを補給してください。スキンケアとしては以上ですが、それ以外にも食生活を気を付けたりなどの生活について正す部分があります。不規則な生活をしていては、それだけで肌が荒れるもの。それをずっと続けていれば、ニキビは悪化してニキビ跡になる可能性も高まります。ですので日頃のスキンケア、そして規則正しい生活を心がけてください。外出時には日焼け対策を怠らないようにすることも必須ですよ。